読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

migihineriのブログ

アラフォーリーマンの筋トレブログ

低炭水化物(糖質制限)ダイエットの真実 短期と長期で色々変わります。

低炭水化物ダイエットは短期的には良いかもしれないけど、長期的にはダメ。

 

やってみれば分かる。

やってない人がガタガタ言ってる。

短期的に5KG落ちたとかのレベルで語る奴は無責任。

 

自分は数年やったりやらなかったりです。

 

あと、ただ貧相に痩せてる人の言うことも聞くべきじゃない。

 

お医者さんでテレビに出てる人って、

だいたいが貧相に痩せてて、トレーニングもしてなさそうなくせに

炭水化物入りません!

とかほざいてる。(笑)

 

まずあの体になりたいか?

っつうの!

 

ダサい(笑)

 

みんながなりたいのは、

ある程度筋肉付いてて、脂肪が少ない

引き締まっててかっこいいカラダだと思う。

 

筋肉の量は好みで違うけど、

共通の意見は、体脂肪率が低いカラダ。

 

長期間は良くないっていう理由は、

 

低炭水化物、糖質制限、ケトン体ダイエットって、

まーみんな内容は似てて糖質の摂取量の違いだと思うけど、糖質取らないと

 

やっぱり代謝が落ちるんだよな。

 

やり始めは体重落ちるんだけど、長く続けてると代謝が落ちて、減らなくなる。

 

更にカラダがその食事内容でも普通にカラダを維持出来るように変わってしまう。

 

糖質が無い状態が普通になっちゃうのだ。

そーすると、普通状態だと別に脂肪燃やす必要ないって事になる。

 

そして脂肪が落ちにくくなるのだ、、、

 

短期的に実施して、

また多少糖質摂るようにしてって事を繰り返してカラダに糖質が少ない状態を慣れさせないようにしましょ~